ガメラ

小さき勇者たちガメラ 2005/08/08 三越前、大須商店街ロケ

月曜日、名古屋ロケ初日。三越周辺と大須商店街の二箇所です。
※写真は2006年頃撮影したものです。現在の様子はストリートビューを参照してください。

三越周辺(名古屋市中区栄3丁目)

市の中心部での撮影で、早朝に行われています。
大勢で走るシーンはありません。パニック寸前といったところ。
このシーンに出たエキストラの方は、アップで映っている確率が高いです。

名古屋についた透たちが、街頭モニターでジーダス上陸を知る。逃げ始める市民たち。

旧ジェトロ名古屋輸入車ショウルーム前モニター



名古屋栄三越の北側にああります。当時はジェトロ名古屋輸入車ショウルームが入っていました(エンドクレジットにも名前が出ています)が現在はこのビルから撤退。その後もテナントが入れ替わっています。建物とモニターは現存。

大須商店街(名古屋市中区大須2丁目)

この日は自分も参加しています。10時過ぎ〜16時過ぎまでの撮影。アーケードで屋根はありますが、合計20本は走ったと思います。暑かった・・・

商店街には数日前から「映画の撮影があります」という看板が出ていましたが、詳細は出ていませんでした。
大きな交通規制は無く、撮影時のみ通行者に待ってもらったりする程度でしたが、商店の人でも大規模な撮影があるとは知らなかった方が多いようで、怪訝そうな顔をしていました。利用者の多い商店街での撮影に、通行人も含め、不満の声もありました。

とはいえ、公開前には映画のチラシを貼って下さっている店舗も。

ここでのエキストラ人数は80名程度。商店街の中を逃げる人々というところです。
走るルートは大須観音の東側にある仁王門通と本町通の2つでした。

ジーダス名古屋侵攻、商店街の中を逃げる人々

仁王門通、カバンの松屋前

逃げる人々は、この場所から奥のアーケードを左に曲がっていくパターンとアーケード内を真っ直ぐ走っているパターンがあります。かばん屋のワゴンにぶつかって転倒するのはスタントマンです。たぶんマーク武蔵さん(当時AAC所属)。

仁王門通、大門屋前

上記の東側(右側)です。自転車が倒れるシーン他。

画面の手前に逃げてくる人々。ジーダスがアーケードを横切り、屋根をつぶす。

仁王門通、大須ういろ前


映画で使われているのはミニチュアです。人物はブルーバック合成のようです。
左側の店舗はほぼ実物どおりですが、右側は手前にあったお店がモデルになっています。また、大きな垂れ幕の配置が違っていたり(実際は中央にある)、奥のほうの店舗が省略されています。ジーダスが壊すのは、前のシーンに出てきたカバン屋の辺りでしょうか。
余談ですが、ミニチュアでは各店の名前が変えられていました。それでも「だるまや」の看板イラストはバッチリ再現されています。かなりインパクトのある描き看板です。

以降は映画終盤の赤い石リレーの場面。上記アーケード東側の本町通りです。

水色の服の少年(以下、子供2)が走っていく

本町通、コメ兵向かい


この場所から南(左側)に向かって走っています。

本町通、旧スギ薬局前

現在、薬局はありません。子供2は薬局を過ぎた所で、警官に制止されます。

子供2が黄色い服の少年(以下、子供3)に赤い石を託す

本町通、ユーキパーキング前

パーキングの目の前で警察官に引き止められています。

本町通、ユーキパーキング南側

ラストで子供2・子供3がトトを見送っているシーンもここで撮られています。

 

*関連リンク

同日に関するレポートは
ガメラ医師のブログ8月8日のロケの様子
で紹介されています。

タイトルとURLをコピーしました