ガメラ

小さき勇者たちガメラ 2005/08/11 名古屋港ロケ

木曜日、名古屋ロケ四日目。名古屋港での撮影です。
この日は自分も参加しています。かなり多くのエキストラがいました。そして暑かった!
あまり日陰のない場所なので、水・おしぼりの配布だけではなく、霧吹きで冷やすサービスなどもありました。
空が曇りがちだったのがエキストラにとってはちょっと助かりましたが、いわゆる天気待ちで撮影は長時間かかりました。
※写真は2006年頃撮影したものです。現在の様子はストリートビューを参照してください。

ガーデン埠頭・つどいの広場付近(名古屋市港区港町)

名古屋港は水族館、遊園地、レジャー施設などがあり、家族連れやカップルで賑わっているエリアです。
ロケが行われたのは大きな駐車場近くの道路。ポートビルの横の道ですが、ビル自体は本編には映っていません。また劇中でも「名古屋港」とは説明されていません(市街地という設定のようです)。
通行人も少なく、車両も業者ぐらいしか乗り入れがありませんでしたので、大きな混乱はありませんでした。

麻衣から石を受け取ったオレンジ色の服の少女(以下、子供1)が建物の外へ。逃げる人々に逆らって走り出す。
ピンクの服の少女(以下、子供4)が走っていく。グリーンの服の少女(以下、子供5)が併走して、石を受け取る

ポートビル前〜ポートハウス前の車道


*南向き。
撮影時は船が停泊していました。

*北向き(歩道橋の上から)
クレーン撮影の高度もこんなもんでした。


別々のシーンですが、同じ道路での撮影です。
また、ラストで子供4・子供5がトトを見送っている場面もエキストラ解散後に撮影。ガレキと送風機が使われていました。

パニック状態の町を表現するため、様々な演出がありました。クラッシュした車から黒煙があがり、地面には紙くずが・・・といった感じ。車は一般エキストラの自家用車で、実際にクラッシュさせたわけではありません。ドアが開いていたり、その裏側でスモークを焚いているので、それっぽく見えますね。
スモークの中を通過することになるエキストラもいましたが、そこでは息を止めてください!という指示が出ていました。紙くずは、雑誌をバラしたもの。

エキストラはひたすら同じ方向に走る!といった感じでしたので、難しくはなかったのですが・・・暑かったです。
現場で「長距離を走ってきてバテてきている人々」という設定説明がありましたが、本気でバテました。

名古屋ロケも折り返し地点。
これ以降のエキストラ参加ロケは、すべて屋内での撮影です。

*関連リンク

同日に関するレポートは
ガメラ医師のブログ8月11日のロケの様子
で紹介されています。

タイトルとURLをコピーしました