特撮博物館、二回目!

館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技
2012年7月10日(火)~10月8日(月・祝)
東京都現代美術館

地方在住者なのに、また日帰り上京で行ってきました。前回は一人で音声ガイド聞きながらじっくり見て4時間以上。今回はリピーター同士2名で音声ガイド無しだから昼過ぎぐらいで見終わるかな、と思ったらやはり4時間かかってしまいました。とはいえ展示を舐めるように見ないのであれば3時間あれば足りるのではないかと思います。自分や同行者がマニアの場合は覚悟してください(笑)

7月末の時は「平日にしては人が入ってた」という印象でしたが、今回は「平日とは思えない人手」でした。週末はじっくり見づらいぐらいなんじゃないでしょうか。夏休みの間にもテレビ等で結構紹介されていたので注目度が上がっているのかもしれないですね。客層も前回に比べて年配のご夫婦や女性グループなどが増えていた気がします。

最後のグッズ売り場は商品が増えていました。私はラビットパンダやジェットジャガーのポストカード、あと図録を購入。


(写真のメカゴジラ2は元から持ってたものです)

展示物のほか解説やインタビューが収録されている図録と短編映画のメイキング本の二冊セットで、分売はされていません。第二版になって、イベント開始時に写真が間に合わなかったものが一部追加されているようです。美術倉庫で雑多に置かれていたものも、一部を除き名前つきで掲載されています。実物を間近でじっくり見た後だと、あの角度の写真がないとか、裏側が見たいとか、アップで見たいとかちょっとモヤモヤしますが(笑)思い出を反芻したり酒の肴にしたり(?)とお得な図録だと思います。読み物のボリュームも多いです。ところで何故か会場では見本が展示されていないんで、よほど展示や特撮に興味がないと手を出しづらいのでは・・・。

展示内容については前回の記事(特撮博物館、一回目! | PAMI-roh)で触れていますので、そちらをご覧ください。これから見に行こうと思われている方へのアドバイスも掲載しています(ちょっと改訂しました)。

会期も残りわずかとなりましたが、かなり好評なようで特撮ファンとしても嬉しいです。もともとミニチュアなどの修復や保存、そして常設の博物館を目指して生まれた企画だそうなので、この先も何かしら動きがある事を楽しみにしています。

スポンサーリンク