ジム・ヘンソン伝記 “Jim Henson: The Biography” ペーパーバック版が発売

2013年に出版されたジム・ヘンソン伝記 “Jim Henson: The Biography” のペーパーバック版が発売されました。
Brian Jay Jones氏の綿密な調査によって書かれたこの本は600ページ超の大ボリューム。ハードカバー版の発売直後、海外で手に取ることが出来たのですが、かなりの厚さと重さに驚きました(900グラムぐらいあるようです)。ペーパーバック版はそれより軽いものの、やはり厚め。
160518jimp
本はメディア各紙およびフランク・オズなど関係者のコメントとプロローグの後、ジムの人生を時系列に追っています。写真点数は少なくモノクロではあるものの、わざわざ本文と違う上質紙に印刷されています。
巻末にはインデックスがあり、作品名、キャラクター、出来事などから本文を検索できます。たとえばカーミットの誕生、ミス・ピギーの水中撮影エピソード、ラビリンスの編集、なんて探し方もできます。かなり便利。

そんなインデックスがあるぐらいで、かなりマニアックな本です。ジム・ヘンソン関連の読み物として決定版といえるでしょう。私自身、洋書はジュニア向けや簡単なものしか読めた試しがないのですが、この本は何年かかっても読破したいと思います。

現時点では日本のAmazonよりもアメリカの方が送料含め安く&早く買えます。Kindle版も出ています。

ジム・ヘンソン関連書籍について

ジム・ヘンソンを取り扱った本は資料集から子供向けの伝記まで多数出版されています。代表的なのは、少し古い本ですが1993年に出版された“Jim Henson: The Works: The Art, the Magic, the Imagination” フルカラーで写真などの資料が多数掲載されています。(紹介記事:“Jim Henson: The Works: The Art, the Magic, the Imagination”(洋書) | PAMI-roh)その他にもおすすめの本を下記に掲載しておきます。すべて洋書ですが写真やイラストだけでも楽しめます。紹介はまた別の機会に。

スポンサーリンク
※コメント欄は廃止しました。ご意見・お問い合わせはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク