Muppet*Vision 3D/マペットビジョン3D(アナハイム・DCA)レビュー

アメリカ・アナハイムのDisney’s California Adventure(ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク 以下、DCA)にあるマペッツのアトラクション“Muppet*Vision 3D(マペットビジョン3D)”
現在はFrozenのミュージカルショー上演のため休止・改装されてしまい、この記事を書いている時点では再開するかどうか不明です(詳しくは「DCAのアトラクションMuppet*Vision 3Dが(一時的に?)クローズ」でまとめています)。私は2014年9月にDCAへ行ったのですが、ちょうど休止の噂が出始めたころでした。間に合ってよかったです。

Muppet*Vision 3Dはシアタータイプのアトラクションで、1991年にウォルト・ディズニー・ワールド(WDW:ハリウッド・スタジオ)にオープンしたものがオリジナル版です。前年に亡くなったジム・ヘンソン最後の仕事の一つとなりました。※こちらは現在もあります

DCAでは2001年オープン。オリジナルは敷地が大きく噴水などもあるエリアですが、こちらは倉庫風の建物に看板が出ているだけで、テナントのような印象を受けます。記事冒頭に書いた通り現在は無くなってしまいましたが、再開を願って写真を上げておきます。

外観

エントランスの看板。3Dの文字が動きます。入った正面はシャッターが閉まっており、裏手へ回りこむようになっています。かつては入り口がもうちょっと手前にあったそうなので、その名残でしょうか。150125mv2向かいにはキオスクがあり、数は少ないですがグッズも販売されています。映像内で印象的だからか、やたら博士とビーカー推し。150125mv12(夜に撮影)入り口横に墜落している宇宙船Swine Trek号。150125mv7

キューライン横にいる、3D被験者ビーカー。知らない人が見たらちょっと不気味ですかね。横にはホットドッグ屋さんのイートインエリアがありますが、昔はここもキューラインだったようです。150125mv6ゴンゾのバイクスタント看板。この前にはカタパルトが置かれており…150125mv5その先を見上げると、ゴンゾが壁に突っ込んだ跡があります。バイクの後輪が空回りしています。150125mv8あらゆる災害の特殊効果をお手軽に。ドラムや樽に入れられるものなのか?150125mv4

通路〜プレショー

シアター通路へ。パロディポスター等が飾られています。劇場の裏手といった雰囲気。コンスタンチンの手配ポスターも追加されていました。150125mv3

プレショーエリアには小道具や衣装が雑然と置かれています。複数のモニターがありますが、隣同士でキャラクターが喋ったり移動したりと、凝った映像になっています。私が行った時はタイミングが悪くゆっくり見られませんでしたが、2014年からコンスタンチンが割りこむようになっていたようです。(気になる方はこちらの動画をどうぞ)150125mv11床に座り込んでくつろいでる方が多かったです。150125mv10中には3D本編に出てくる小道具などもあります。150125mv9衣装の裏には名画のパロディが置かれています。(Miss Piggy’s Treasury of Art Masterpiecesに収録されているものと同様?)他にも色々見つけられそう。150125mv1

シアター内

※上演中には撮っていません
バルコニー席は左右にあり、写真に写ってる側はマペットショー同様、爺さんたちが出てきます。アニマトロニクスで、上演前から登場し、いつものように野次を飛ばす他、喋らない時も映像に合わせてリアクションをしています。また、3Dが始まってからはちゃんとメガネをかけます。150125mv13スクリーン前にはオーケストラピットがあり、ペンギンたちが演奏をしています(アニマトロニクス)。またスウィータムは「本人」が出てきます。この他シャボン玉の演出等3Dの枠を超えており、実際は4Dであると言えます。アトラクションとしてはフィルハーマジックに近いですね。
雑然とした倉庫とは対照的に、仰々しいシアター内の立体物。かなり素晴らしいです。近くで見られないのが残念。150125mv16
スクリーン下、このアトラクションでは準主役といった立場のビーンバニーがレリーフになっています。
150125mv18客席の真後ろには謎の機械。ここにもあるキャラクターが登場するのですが振り向く余裕がなくあまり見れませんでした。150125mv14スクリーン上の立派なレリーフ。ものすごくかっこよくて感動しました。マペッツファンからしてみたら神々しく見えます。150125mv17出入り口のアーチ。トゥーフェイスなフォジー。どれもすばらしい造形です。150125mv15

映像本編は賑やかで騒がしい内容なのですが、往年のマペティアが演じるキャラクターが立体視で見られるというのはもちろん、シアター内にいる人がマペッツを見て笑ってるという状況だけでも涙目でした…。

今回訪れた時すでに一時休止の噂は出ていましたが、過去にも新作映画のプレビューで休止したことはあり、まさかそこまで改装されるとは思わず。元祖かつ豪華なWDW版は未経験ですのでぜひ行きたいと思っています。しかしシアターアトラクションはコンテンツの古さが目立ってしまい、WDWのも正直いつ無くなってもおかしくないです。噂も何度か出ています。ジム・ヘンソンを初めとしたオリジナルキャストの好演が3Dで見られる貴重なアトラクションですので、なんとか続いて欲しいものです。もちろんDCA版の復活も待っています。

ちなみに、ディズニーランドのギャラリー”Spirit of Imagination”コーナーにはジム・ヘンソンの写真が飾られています。150125mv19

以下は参考に。

外観〜プレショーエリアはこちらの動画で見ることが出来ます。

シアター内と映像本編が見たい方はこちら(WDW版)。当然ネタバレです。

アトラクションの詳細(英語)
Muppet*Vision 3D – Muppet Wiki

(2016/11/26追記)オーランド・WDW版のレビューを掲載しました。

Muppet*Vision 3D/マペットビジョン3D(オーランド・WDW)レビュー前編
アメリカ・オーランドのウォルトディズニーワールド(以下、WDW)ディズニー・ハリウッド・スタジオにあるマペッツのアトラク...
Muppet*Vision 3D/マペットビジョン3D(オーランド・WDW)レビュー後編
ウォルトディズニーワールド(以下、WDW)ディズニー・ハリウッド・スタジオにあるマペッツのアトラクション“Muppet*...
スポンサーリンク