野外ライブステージ The Muppets Take the Bowl 特集(3)ステージ後半

2017年9月に行われたThe Muppets Take the Bowlとはどんなイベントだったのか、野外ライブステージ The Muppets Take the Bowl 特集(1)現地レポートほか特集(2)開催概要&ステージ前半に続いて紹介していきたいと思います。

執筆にあたり、Muppet Wikiの記事(The Muppets Take the Bowl | Muppet Wiki | FANDOM powered by Wikia)、ネット上にあがっている数々の動画、そして2日目・3日目を鑑賞されたRie/tekuriさんにお聞きした情報を参考にさせていただいてます。mojagoさんにも情報提供いただきました。ありがとうございます。

ステージ(後半)

当日は録画撮影OKだったため、多くの一般動画がYoutubeなどにアップされています。

以降、演目順に掲載していきます。(動画は見つかり次第いれます)


スタトラー&ウォルドーフのコメントから後半スタート。


“Bohemian Rhapsody” (1975年、Queen)のライブ版。2009年に制作されたMVからアレンジされてますがギャグは大体一緒。会場でもバカ受けしてます。(参考 Bohemian Rhapsody | Muppet Music Video | The Muppets – YouTube

舞台裏から、ニュースマンによる速報


超マペッツファンのため、ずっと出ていなかったマペットキャラの大行進というサービス。以下、順番に紹介します。キャラ名のリンク先はMuppetwikiです。
Nigel…マペットショーに出ていた指揮者。
Happy Yellow Creature…マペットショーの名スケッチHugga Wuggaに出てきた黄色いクリーチャー。ザ・マペッツ2でコンスタンチンの歌で”Thingy-Thing”と言われていた癒やしキャラ。
The Flying Zucchini Brothers…マペットショーに出ていた人間大砲の兄弟。ザ・マペッツ2にもちょい役で出てます。
Beautiful Day Monster…マペットショー以前からいる古参マペット。セサミストリートにも出ていた時期があります。最近の作品にもモブ扱いで出てます。
Old Tom…マペットの宝島に出ていた爺さん海賊。映画ではReal Old Tom(さらに爺さんのトム)、Dead Tom(白骨死体のトム)というキャラもいました。
Pops…マペットショーでステージの裏方にいた爺さん。最近の作品にもモブ扱いで出てます。
Chip…過去作品に何度か登場。ドラマ版ザ・マペッツでは準レギュラーとして復活しました。
以上、みんな久しぶりではあるけれど、近年の作品でも出てきてはいます。
続いてピギーが自分の出番について抗議しに来ます。


“The Blue Danube(美しく青きドナウ)” で踊るオバケ(BlueとBooをかけてます)。これもまたマペットショーを思わせるネタ。


TEDはないけどMuppet Labsがあるよ!というわけでDr.ブンゼンとビーカー登場。新技術のプレゼンになってます。
最後の方に出て来るモンスターは左からPokeyLuncheon Counter MonsterMo Frackle。いずれも結構なレアキャラ。


※動画を捜索中

ピギーがこの後やる予定のパフォーマンスについてインタビューを受けていたところ、デッドリーが割り込んでくる。
インタビュアーの “The Daily Scandal” はマペットショーに出てきたネタ。


フォジーが2分間ジョーク数の記録に挑戦。舞台裏のフォジーが映し出されますが、何故かJimmy Kimmel Liveのスタジオに迷い込むなど。
失敗に落ち込むフォジーをなぐさめた司会のボブ、一緒にスケッチをやることに。この “hear” の直後 “Good Grief, the Comedian’s a Bear” と言って…というのはマペットショーのEp110でやった懐かしのネタ。(参考 The Comedian’s A Bear – YouTube


※動画を捜索中

カーミットが次の出し物を紹介しようとすると、ペンギンとチキンたちが現れて…


スウェーディッシュシェフが司会のボビーとクッキング。何を言ってるかよくわからないまま進行していきますが…。


※動画を捜索中

ウェインとワンダのデュエット再び。曲目は ”(Sittin’ On) The Dock of the Bay”(1968年)。やはり妨害される。


※動画を捜索中

ニュースマンによる速報。ツアーバスがペンギンたちにジャックされたとか。


※他の動画も捜索中

ゴンゾによるスタント…ではなくてイリュージョン。(Dr.ストレンジのコスプレらしいんですけど動画ではよく見えず。オチも見えづらいですね。大変なことになってます。)


みんな大好き、マナマナ。ステージならではの展開に。終盤でマナマナと一緒にいる男性はカーミット役のMatt Vogel氏です。


ようやくミス・ピギーのステージ。曲目はAdeleの “Hello” で、以前ピギー主演のMVも公開されてました。
ステージではすごいアレンジされている上、リハーサルをサボったため酷いことに。ステージ上を縦横無尽に暴れまわる?ピギーがすごい。


時間かせぎのためビートボクシングをしようとするスクーターとボーボーのやりとり、それに続いて…


“The Rainbow Connection” 途中から同曲を作詞したポール・ウイリアムズがゲストとして一緒に歌います。(何と三日間とも出演していたそうです)


映画The Muppet Movie/マペットの夢見るハリウッド(1979年)の “The Magic Store” をみんなで。クレイジー・ハリーがスタンバイしてますが、爆破ではなく花火なので誰からも止められてません。


映画の代表曲メドレーが流れる中、花火によるフィナーレ。


アンコールはThe Beatlesの “With a Little Help from My Friends(1967年)”
マペティアの顔も見えるようになっている上、出演者として紹介されています。なお映像でジミー・キンメルが読んでいるのはフォジーが落としていったネタ帳です。


マペットショーのノリを再現しつつ、ライブおよび現代ならではのネタも盛り込んだ素晴らしいステージだったようです。今のところ公式で映像化される予定はないとのことですが、何とか見られるようになるといいですね。

ドラマ版から2年近く大きな動きの無かったマペッツ。キャスト交代の件もあって、再起動を思わせるステージでした。今回の成功から次の展開につながっていくことを期待しています。

関連記事一覧→こちら

スポンサーリンク